【初心者】日経225オプションを簡単に説明してみると・・・

オプション
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

日経225オプションとは?

アヒすけ
アヒすけ

オプションって何グワか?

流星カモ
流星カモ

ここで言ってるのは日経225オプションってやつだよ。知らないだろ?
投資のひとつさ。

アヒすけ
アヒすけ

それって食えるグワか?うまいグワか?

流星カモ
流星カモ

うーん、食えないけど、もしかしたら食われるカモ・・・
うまいかどうかは結果次第カモ・・

日経225オプションとは

日経225オプションというのは株やFXのような投資の一種です。

オプション取引というデリバティブ取引の一種であり、原資産を日経平均株価として、その日経平均株価を売買する権利を取引するものです。

まぁここで、日経225オプションについてきちんと説明するつもりはないので、詳細が知りたい方はWikiで調べてください。

もう少し詳しくオプションについて知りたい場合

オプション取引ができるネット証券会社には大抵、オプション取引用の説明ページがあります。

ほとんどのところが初心者向けの説明を準備してくれています。

主なネット証券
  • SBI証券
  • ライブスター証券
  • 楽天証券
  • 岡三オンライン証券
  • GMOクリック証券
  • 松井証券
  • マネックス証券
  • カブドットコム証券

この中でも松井証券や楽天証券は結構詳しい説明があります。

更に詳しく知るには

日本取引所グループ(JPX)のホームページには日経225オプションの説明ページがあり、概要以外にも詳細な制度説明や動画セミナーのコーナーがあります。

超初心者やアヒル向けの説明

アヒすけ
アヒすけ

ここまで読んで、リンク先の説明みたけどさっぱりわからないグワッ!

流星カモ
流星カモ

だよねぇ~。初心者向けといっても難しいよね~

アヒルでも分かるように簡単に言うと

どのページの説明も初心者向けに易しく説明してくれていますが、それでもオプションは結構難しいと思います。

だいたい専門用語が多すぎなのと、説明が長くて読む気がしない。なので日経225オプションをアヒルでもわかるレベルまで簡単にすると以下のような感じではないでしょうか。

アヒル向け説明

予想月の第一金曜日の朝の日経平均株価が、指定株価に届くか届かないかを当てるゲームのようなもの。

 ※ 毎月だけではなく、毎週のものもありますね。

オプションのコールとプット

オプションには「コール」と「プット」という種類があります。はっきりいってこれがまず初心者に一番わかりにくいものだと思います。

  • コール=買う権利
  • プット=売る権利

なので、コールを買うのは「買う権利を買う」、プットを買うの「売る権利を買う」です。

は? なんのこっちゃ? ですね。

そこで、難しいことをすべて除いてアヒルでもわかるように書いてみると。

まずはコールから。

アヒル向け説明

【コール】
 予想月の第一金曜日の朝の日経平均株価を、指定株価で買える優待券(のようなもの)

例:メルカリで買うイメージ

4月5日(金)朝の日経平均株価 :21,870円
指定株価(※優待券の優待株価) :21,500円
  ⇒ 21,870円のものを、21,500円で買える!
  ⇒ 370円分 買い得!!

 ※日経平均株価が指定株価以下の場合は優待価値0円のゴミ券になります。

プットになるとちょっとわかりにくいけど。

アヒル向け説明

プット】
 予想月の第一金曜日の朝の日経平均株価を、指定株価で売れる優待券(のようなもの)

例(メルカリで売るイメージ)

4月5日(金)朝の日経平均株価 :21,130円
指定株価(※優待券の優待株価) :21,500円
  ⇒ 21,130円のものを、21,500円で売れる!
  ⇒ 370円分 売り得!!

 ※日経平均株価が指定株価以上の場合は優待価値0円のゴミ券になります。

うーん、やっぱりプットが難しいですな。

オプションの買いと売り

また、オプションには「買い」と「売り」があります。

「買い」と「売り」の違いをわかりやすく書いてみると、以下のような感じでしょうか。

アヒル向け説明

【オプションの買い】
 日経平均株価が指定株価に届けば勝ち!

【オプションの売り】
 日経平均株価が指定株価に届かなければ勝ち!

これも「買い」はわかりやすいけど、「売り」がイメージしにくいですね。

コールとプットの説明で使った優待券を例にすると、「売り」は優待券を売る人のイメージですね。

売った人は買った人に優待券を使われてしまったら、その優待分の差額を代わりに払わないといけないルールです。

指定株価に届かなければ優待券を買った人は優待券を使わないので勝ちです。(売った値段分丸儲け)

オプションの価値(値段=プレミアム)を決めるもの

オプションには指定株価ごとにそれぞれ値段(価値≒値段=プレミアム)がついています。

この値段は上記の説明に書いた「勝ち!」となる可能性の高いものほど高いです。(あたりまえ)

ではどういうものが可能性が高くなるのかをアヒル向けに書いておくと。

アヒル向け説明
  • 日経平均株価に近いほど、可能性が高い(=値段が高い)
  • 期日までの日数が長いほど、可能性が高い(=値段が高い)
  • 相場が荒れて動きが激しいときほど、可能性が高い(=値段が高い)

このオプションの値段を決めるものが重要なポイントですね。

1番目はあたりまえなのですが、特に2番目と3番目が重要です。

最後に

できるだけ分かりやすくしようと思ったけど、やっぱり分かりにくいですかねぇ。

結局やっぱり例がないとわかりにくいので、例をつけると長くなるんですよね。

とりあえず、初心者の自分もプットについてはよく混乱するので、これを見返してすぐに分かるようにしたいと思って書いてみた次第です。

さてアヒルでもわかったでしょうか。

アヒすけ
アヒすけ

だいたい分かった気がするグワッ!
じゃあ、アヒすけもオプション買ってくるグワ。

流星カモ
流星カモ

いやアヒすけ、お金も証券口座ももってないだろ

コメント

タイトルとURLをコピーしました