【テクニカル研究】日本たばこ産業(JT)(2914)をMACDを使ってスイングトレードしたら?(バックテスト)

日本株
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

日本たばこ産業(JT)(2914)の研究その2

流星カモ
流星カモ

今回はJTの研究の続きです。

アヒすけ
アヒすけ

JT・ウチ・デンワ・・・グワ!

流星カモ
流星カモ

いやそれETだから、ネタ古すぎるから…

アヒすけ
アヒすけ

JT・エキ(益)・出んわ・・・グワ!

流星カモ
流星カモ

・・・

さて、前回は 日本たばこ産業(JT)(2914) を移動平均線を使ってトレードした場合のバックテストについて書きました。

今回は移動平均線ではなく、MACDを使用したトレードの検証です。

この記事について

・ 日本たばこ産業(JT)株(2914) のMACDを使用したトレードのバックテスト
・バックテスト結果をもとに、 日本たばこ産業(JT)(2914) の投資手法を考察

この記事を読めばアヒルでも JT株のMACDトレードができる!(勝てるとは言ってない!)

日本たばこ産業(JT)(2914) とは

銘柄コード:2914
正式名称 :日本たばこ産業株式会社
略称   :JT

JTとは「日本たばこ産業」の略称です。日本だけではなく海外にもたばこ販売を展開しており、海外では日本国内の3倍もの売り上げを上げています。さらに食品や医療関係へと事業の多角化を行っている企業です。

特徴や過去の値動きについては前回の記事をご参照ください。

日本たばこ産業株のテクニカルトレード検証(MACD)

今回はMACDを使って 日本たばこ産業(JT)(2914)株を取引した場合、損益がどうなるのかを過去データから検証してみます。

アヒすけ
アヒすけ

ダックDなら勝つる!

流星カモ
流星カモ

だからMACD(Moving Average Convergence Divergence)ね。
日経レバでは移動平均線よりは良い成績だったよね。

MACDの詳細説明は省略します。知らない方はググってください。

MACDは有名なオシレータ系のテクニカル指標で、売買サインとしては主に以下の2パターンが一般的なサインとして知られています。

  • 「MACD」が「シグナル」を上抜け・下抜けする。
    ゴールデンクロス、デッドクロス
  • 「MACD」が0ラインを上抜け・下抜けする。

今回も、前者のゴールデンクロス(GC)、デッドクロス(DC)で売買を行った場合について、過去のデータから検証をしてみました。

検証条件とポジショニング

検証条件とポジショニングに関しては、日経レバ(1570)の記事での手法と同じですので詳細説明を省きます。詳しい条件はそちらの記事を参照してください。

概略だと書くと、インするタイミングはゴールデンクロスまたはデッドクロスが発生した翌朝の始値です。検証期間は、2015年02月10日~2021年12月30日です。

インするタイミングは上記の通りですが、問題は決済のタイミングです。
異なる3つの決済タイミングで結果を調べてみました。

ゴールデンクロス、デッドクロスで決済

1つめの決済タイミングはゴールデンクロスとデッドクロスです。

買いの場合はMACDがシグナルを下抜き(デッドクロス)した翌営業日の始値で決済。
売りの場合はMACDがシグナルを上抜き(ゴールデンクロス)した翌営業日の始値で決済。
なお、損切はマイナス10%超えで行うものとしました。

買いの結果(デッドクロスで決済)

ゴールデンクロスで買い、デッドクロスで決済の結果

JT(2914)戦績・損益額勝率・損益率
取引数と結果45戦16勝35.6%
1取引での最大利益50913.72%
1取引での最大損失-628.5-14.99%

トータル収支:マイナス(-700程度)
平均収益率 :マイナス(-0.4%程度)

トータル収支、平均収益率ともにマイナスでした。かなり残念な結果です。

最大利益となったのは2017年4月~6月の上昇トレンドで、3,711円でインして4,220円で決済です。100株買っていれば約3か月で約5万円のプラスでした。

最大損失となったのは、2015年9月16日~9月30日で損切にかかった日の始値が前日比-6.72%のギャップダウンで、約-15%の損益率となっています。

売りの結果(ゴールデンクロスで決済)

デッドクロスで売り(空売り)、ゴールデンクロスで決済の結果

JT(2914)戦績・損益額勝率・損益率
取引数と結果40戦15勝37.5%
1取引での最大利益557.511.88%
1取引での最大損失-389-8.98%

トータル収支:少しマイナス(-200程度)
平均収益率 :少しマイナス(-0.2%程度)

トータル収支は少しマイナスでした。

最大利益は2015年8~9月の下げです。4,692円から4,134.5円まで下落しました。

最大損失は2016年2~3月の上げです。4,331円から4,720円まで上昇しましたが、損切ラインの範囲内ですので大負けはしていないことになります。

長期下落トレンドの銘柄ですが売りでもトータルマイナスなのはイケてません。

アヒすけ
アヒすけ

ぜんぜんダメダメグワ。
決済タイミングを変えてみるグワ!

流星カモ
流星カモ

そうだね。決済タイミングを変えてみよう!

MACDとシグナルの差が縮んだら決済

2つ目の決済タイミングはMACDとシグナルの差が縮んだら翌営業日の始値で決済するというものです。

これも詳細条件は日経レバの記事をご覧ください。

買いの結果(MACDとシグナルの乖離縮小)

ゴールデンクロスで買い、MACDとシグナルの乖離縮小で決済の結果

JT(2914)戦績・損益額勝率・損益率
取引数と結果45戦22勝48.9%
1取引での最大利益2396.05%
1取引での最大損失-173.5-4.14%

トータル収支:少しプラス(100程度)
平均収益率 :少しプラス(0.05%程度)

トータル収支は少しプラスでした。手数料でマイナスになるレベルです。

利益も損失も小さいのがこの方式の特徴です。

売りの結果(MACDとシグナルの乖離縮小)

デッドクロスで売り(空売り)、MACDとシグナルの乖離縮小で決済の結果

JT(2914)戦績・損益額勝率・損益率
取引数と結果39戦12勝30.8%
1取引での最大利益132.53.99%
1取引での最大損失-137-5.76%

トータル収支:マイナス(-500程度)
平均収益率 :マイナス(-0.4%程度)

トータル収支はマイナスでした。

長期下落トレンド株とは思えない勝率、平均収益率も残念な結果です。

アヒすけ
アヒすけ

パッとしないグワ!

流星カモ
流星カモ

うーん、日経レバではここは良い結果だったのだが。

RSIで決済

RSIはMACDとは別のテクニカル指標で、買われ過ぎ・売られ過ぎを表す指標として使用されます。3番目はこれを決済のサインとして使用した場合の検証です。

RSI(9)がある値に達したら翌営業日の始値で決済したことにします。(決済するRSIの値はここでの公表は控えます。)

買いの結果(RSIが一定値を上回ったら決済)

ゴールデンクロスで買い、RSIが一定値を上回った決済の結果
※決済RSI値は65~90の範囲で最も成績のいい値を適用

JT(2914)戦績・損益額勝率・損益率
取引数と結果34戦22勝64.7%
1取引での最大利益50911.73%
1取引での最大損失-628.5-14.99%

トータル収支:少しプラス(400程度)
平均収益率 :少しプラス(0.2%程度)

トータル収支は少しプラスでした。非常に勝率が高いのですが利益はパッとしません。約7年間で34回トレードして約4万円ですからね・・・

最大利益となったのは2016年1月後半の上昇時で4,341円でインして4,850円で決済です。このとき「デッドクロスで決済」ではそのまま2月中旬まで保持してデッドクロス翌営業日に結局4,331円でマイナス決済になっていますので、早めの決済が良い結果を出していることになります。

最大損失を出したのは「ゴールデンクロスで買い、デッドクロスで決済」と同じタイミングで損切決済したものです。 こちらは急落パターンでRSI決済の効果が出ていません。

この決済方法は日経レバでの検証と同様に勝率が高いものの、利益が伸びません。

また、決済RSIを70台前半のある値以上にするとトータル損益がマイナスになります。ここが長期下落トレンド銘柄の特色と言えます。

売りの結果(RSIが一定値を下回ったら決済)

デッドクロスで売り(空売り)、RSIが一定値を下回ったら決済の結果
※決済RSI値は35~10の範囲で最も成績がよい値を適用

JT(2914)戦績・損益額勝率・損益率
取引数と結果18戦13勝72.2%
1取引での最大利益4309.56%
1取引での最大損失-426-10.51%

トータル収支:プラス(850程度)
平均収益率 :プラス(1%程度)

トータル収支はプラスという結果でした。買いよりも良い成績です。しかし損切にも4回引っかかっています。

アヒすけ
アヒすけ

キタコレグワ!

流星カモ
流星カモ

うむ。いい成績だね。

でもこれって、結果的に一番いい成績であったRSI値での結果だからね。
決済RSI値が1でも違うと結構成績が違うんだよね。。。

MACDの検証結果まとめ

検証結果を簡略的に示すために、決済方法に番号をつけます。

①ゴールデンクロス・デッドクロスで決済
②MACDとシグナルの乖離縮小で決済
③RSI(9)の値で決済

収益額のトップ3は以下の通りです。

  1. 売りの③ 
  2. 買いの③
  3. 買いの②

平均収益率のトップ3も同様の順位です。

  1. 売りの③
  2. 買いの③
  3. 買いの②

なお、収益額、利益率がよいRSI決済はあくまでも最も成績の良かったRSI値での結果です。

★アヒル向け日本たばこ産業(2914)
MACD攻略まとめ
  • MACDのゴールデンクロス・デッドクロスは全体的にイマイチカモ
  • 買いの場合はRSIがあまり上がないうちに決済がいいカモ
  • 売りの場合はRSIが結構下がって決済がいいカモ

アヒすけ
アヒすけ

なるほどグワ。
で、いちばん儲かったRSIの値は何グワ?

流星カモ
流星カモ

それは秘密デス。
ご自分で検証すればわかります。
計算ミスしてたらごめんなさい。

アヒすけ
アヒすけ

また秘密グワか!!

流星カモ
流星カモ

公表してそれを真似されて損しされるのも嫌なので。

最後に

今回は日本たばこ産業(2914)について、過去のデータをもとにMACDを使って取引を行った場合にどういう結果になったかの検証でした。

バックテストの結果からみると、イマイチですがRSIでの決済は使えるかもしれません。

ただし未来がこの結果にあてはまる可能性は未知数です。

日本たばこ産業(JT)の株は長期下落トレンドでしたが、おかげで現時点の配当利回りは7%を超えている高配当銘柄です。

このまま2015年以来の下落トレンドは続かないようにも思え、逆に一気に暴騰する可能性も秘めています。

その理由の一つは株主優待の廃止です。JTは2022年12月の権利確定日を最後に株主優待を廃止します。それに伴いEPS(1株あたり利益)が増加し配当もさらに増加する可能性があるため、これまで優待などどうでもよかった大口投資家が流入してくる可能性を秘めています。

したがって、過去の検証データは全く当てにならない可能性もありますので、投資判断は自己責任でお願いします。

流星カモ
流星カモ

今回はMACDを使った日本たばこ産業(JT)株のトレード研究でした。
アヒすけ、どうだ?

アヒすけ
アヒすけ

JTは株主優待やめて爆上げくるグワか!?

流星カモ
流星カモ

そうカモしれないが、一方では利益の2割程度を出しているロシア事業を停止せざるを得なくなるカモという悪材料もある。

アヒすけ
アヒすけ

グワーーー、おそロシアァ!

流星カモ
流星カモ

・・・

本検証は管理人が無料表計算ソフトの関数を用いて実施したものです。
値については間違っている可能性もあり、保証するものではありません。
また、収益額に関しては手数料や税金、信用取引での金利の考慮はしておりません。
正確なバックテスト結果を期待する方は、専用の有償ツール(「イザナミ」や「iTRADE」など)をご使用ください。また一部の証券会社提供ツールでも可能なようです。
ご自分でこれから無料でバックテストをやってみたい方は、自作プログラミング、特にPythonでの実施を強くおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました